現在の空き家問題対策に活用できる自治体の助成制度の概要

新聞やニュースを見ると、連日のように空き家問題を取り上げられています。2021年に総務省が調査をしたところ、全国で約500万世帯もの空き家があることが明らかとなりました。倒壊する恐れがあり、景観を悪化させる要因のもなっています。政府では各自治体に対策をとるようにと指導をされており、解体工事に必要な費用に助成制度を設けるようになりました。

簡単に現在の空き家問題対策の概要を述べると、自治体の指定会社を活用することで最大で20パーセントの補助金を受け取れるというものです。助成制度では最長10年間の空き家と条件がつけられており、それ以降になると補助金の支給はされないので、早い段階で対応をしなくてはいけません。