空き家を適切に保つための運用方法

空き家は売ったり貸したりと運用方法がありますが、そのためには定期的に管理して人が住める環境を整えなければなりません。人が住まない家は湿気でカビが生えやすくなり、シロアリの被害に遭う恐れもあります。空き家対策特別措置法により今まで以上に空き家を適切に管理することが大切です。空き家を訪れて異常がないかを確認する頻度は月1回が理想的とされます。

大雨や台風、雪など季節ごとの災害を考慮したもので、排水が詰まっていないか壁が剥がれていないかなどを確認します。特に水道は長期間止めっぱなしにすると配管が詰まってしまうので、定期的に水を流す必要があります。自分だけで管理できない場合は専門の業者に依頼しましょう。